×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

江ノ島へ行こう!2009年5月





江ノ島へ行くぞ!

いつでも行ける距離にあるわりに腰が重いのでなかなか行かないが、ローカルテレビの江ノ島紀行(デビッド伊東が旅人で、ユル〜い作りがツボだった)を見ていたら、なんとしても行くぞと思ってしまった(笑)。

路地裏から山頂へ

前回は行けなかった稚児ヶ淵方面や、路地裏などをゆっくり見てみたかったので、県営駐車場(終日670円)に車を入れて出発。ロータリーのあたりから路地に入ると、展望台方面と指示のある階段があった。テレビで、こういう生活道路のような階段を見ることがあり気になっていたから、これは良いと登ってみた。民家の軒先をかすめるような階段である。標高50mくらいになるはずで、運動不足の身にはかなりきつかった。

路地裏1
路地裏2

頂上から稚児ヶ淵へ

頂上から山二つを経て稚児ヶ淵方面へ。稚児ヶ淵へ降りきったあたりから参道入り口方面への迂回路があると勘違いしていたが、どうやらまた頂上まで戻ってこなくてはならないらしく気持が萎える(笑)。それでもここまで来たからには行かねばならぬ。長く急な階段を降りきると稚児ヶ淵。うねりのある岩盤が海にせり出していて絶景である。また中腹までひいこら言いながら戻り、裏道から参道入り口へ。くたびれた。

稚児ヶ淵

♪え〜ぼ〜し〜い〜わがとおくにみえる〜

烏帽子岩

江ノ島の猫たち

江ノ島には猫が多く、そこらを歩いていたり昼寝していたりする。「海辺に野良猫」は「富士に月見草」くらい良く似合う。捨て猫が繁殖しているらしく、可哀想にも思えるが、のほほんとたくましく生きているように見えて頼もしい。

階段にて

狛犬の足元で安らぐ猫

狛犬の根元にて昼寝猫

狛犬の根元にて昼寝猫

稚児ヶ淵の猫

この猫はトイレを探していたようで、このあと砂の上に座り込んだ(笑)。

稚児ヶ淵の猫

山ふたつの土産物屋街をうろつく猫

山ふたつあたちの猫

トンビ

野鳥が見たいと思っていたが、いたのはいつものトンビのみ。雑食ゆえにひとの食べているものまでかっさらったりして凶暴と言われるが、見ている分には面白い。関係ないが、「天空の城ラピュタ」に登場する飛行ロボットの翼はトンビにそっくりだ。

トンビ トンビ

ハトみたいだけどトンビ

トンビ

江ノ島の物件

江ノ島の売り地広告があった。36坪で3800万。自由に家を建てられるそうだが、中には買って住み着こうという人がいるのかもしれない(島民専用駐車場もある)。そういえば、階段の中腹でも新築工事があった。

売り地広告

ヨットプレゼント!

小田急ヨットクラブの「ヨットプレゼント」の看板がちょっとウケた。利用料を払わなくなって引き取りにも来ないヨットの処分だろうか。

江ノ島最高!

海辺のベンチでしばらくぼーっとした後(潮騒を聞きながら海風に吹かれているのは何とも贅沢だ)、帰路に就いた。駐車料とペットボトル飲料代しか使わないから、江ノ島にとっては迷惑な観光客である(笑)。魚貝類が苦手なので食事が出来ないし、島内に漂うあの魚臭さだけは苦手だ・・・。面白いからまた行くけどね。

灯台 船


HOME